たからさがしのなつやすみ【前編】

セミの鳴き声が響き渡るある田舎。雨が降り出しひまわり畑にあるバス停へ駆け込む少年「ボク君」。バス停にはすでにずぶ濡れ状態で雨宿りしているおっぱいの大きなお姉さんが座っていた。雨の濡れた白いワンピースの下に薄っすら透けて見えるお姉さんのおっぱいと乳首。そして、白いパンツ。まだ幼い少年は、大きなおっぱいと肉付きのいい女性らしい身体に興味津々。恥ずかしそうにするもしっかり身体中を撫で回すように視線を送るボク君。すると爆乳お姉さんからエッチなアプローチ。自らボク君の手をおっぱいへ誘導し触らせる。初めてじっくり触る女性のおっぱいにドキドキしながら夢中になるボク君。ほっぺを赤くしていると嬉しそうなお姉さんはワンピースを脱がせて生おっぱいを披露。

豊満なおっぱいをボク君に差し出しむちゃくちゃに揉まれるお姉さん。エッチな喘ぎ声を上げ、母乳を吹き出しながら感じまくる。野外で小さな少年に乳首を思いっきり吸われるお姉さんは、エロスイッチが入りボク君に激しいディープキスをする。そして、ボク君の立派なち○ぽを口に頬張り激しいジュポジュポフェラをする。完全にエロモードのお姉さんは、痴女のようなフェラチオテクニックであっという間にボク君を射精させる。口内へドクドク出される精子を全部飲み込み新鮮な味を楽しむお姉さん。パンツを脱ぎ、初めてのま○こをボク君に披露する。生ま○こに釘付けのボク君は、顔を密着させ女性の匂いとクンニを楽しむ。舌を腟内に入れた瞬間、爆乳お姉さんは盛大にイキ、大量の潮吹きと母乳をあたり一面にぶちかます。


※こちらもオススメです。

濡れ透けJ○雨宿りレ○プ

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ