エロアニメ ラブホリック~魅惑の乙女と白濁カンケイ~ THE ANIMATION 上巻

亜人(デミ)という存在と人間が共存する世界。吸血鬼と雪女のハーフや人竜族の褐色娘、鬼族など多種多様に生活していた。人間である天野太壱は、美少女亜人たちへ告白しまくることを日課としていた。絶対に釣り合わないはずの大富豪鬼族の令嬢「鬼上 鈴鹿」に告白するも存在自体を否定されあえなく撃沈。校舎の階段に座り少しだけ落ち込む太壱だったがすぐに気持ちを切り替え動き出す。しかし足を踏み外し転落するとそこに偶然通りかかった吸血鬼と雪女のハーフ娘「蒼江 紅音」と衝突。事故ではあるがディープキスをしてしまう。衝突により怪我をした口の傷口から血の交換をしてしまう太壱は、高熱を出し1週間ほど寝込んでしまうのだった。体調が回復し久しぶりに登校すると美少女亜人娘たちから熱い視線を向けられるようになる。

エロアニメ ラブホリック~魅惑の乙女と白濁カンケイ~ THE ANIMATION 上巻

蒼江 紅音に誘われ自宅にいくと母親から事情を説明される太壱は、体液全部が覚醒の魔素に変わりそのフェロモンが出る体質になってしまった。手始めに娘の紅音とセックスをしてほしいと母親にお願いされる太壱は、言われるがまま拘束され紅音のジュポフェラを堪能する。口内へ大量に射精される精子をごくごく飲み込み覚醒する紅音は吸血鬼の力を開放する。髪色も白くなり傲慢でドSな性格に変わった紅音から騎乗位で強制的に責められ中出しセックス。激しいセックスを終えクタクタになりながらコンビニによる太壱は、おっさんに絡まれている人竜族の褐色娘「セイラ」と出会う。その場を助けた太壱はフェロモンで虜になったセイラから迫られ、自宅に連れ込み中出しセックスを堪能する。


ラブホリック〜魅惑の乙女と白濁カンケイ〜 THE ANIMATION 上巻

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ