その日、ひとつの国が滅びた。亡国の王子を守りつつ、逃避行を続ける姫騎士アンリエッタと女戦士のヘルガ。 しかし一行は、山賊共の卑劣な罠に掛かり、その身を捕らわれてしまう。王子を人質に取られ、抵抗を封じられる二人。そんな彼女らへと、山賊共は容赦なく欲望をぶつけ、心と身体を貶めてゆく。やがて度重なる陵辱によって心を病んだ姫騎士は、王子を我が物とするために、悪魔へ魂を売り渡してしまうのだった。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ